【助成金】賞与・退職金制度導入コースの紹介

【助成金】賞与・退職金制度導入コースの紹介

賞与・退職金制度導入コースの概要

「賞与・退職金制度導入コース」とは、パートやアルバイト、有期契約社員などの非正規労働者について、新たに賞与や退職金を支給する制度を導入した場合に、助成金が交付されるという制度です。厚生労働省が行っている事業で、「キャリアアップ助成金」と呼ばれることもあります。

従来、多くの企業は正規雇用者に対しては賞与や退職金を支給していましたが、非正規労働者には支給されていないケースが多かった状況です。非正規雇用者にも公平な賃金を与えるという目的で実施されています。対象となる手当は、従業員の業績や勤続年数などに応じて与えられる定期的、もしくは臨時の賞与です。また、会社を退職する人に対して、勤続年数や最終役職に応じて支払う退職金を積み立てる制度も対象となります。

賞与や退職金の為の助成金を利用するポイント

この賞与や退職金の為の助成金は、1事業所につき1回のみの申請となっています。大企業の場合は、いずれか一方のみ導入するケースでは30万円、同時に導入する場合は42万6,000円が助成されます。中小企業の場合は、片方のみだと40万円、両方だと58万8,000円の支給となります。

賞与については、1名当たり5万円以上の支払いをする必要があり、退職金の場合は1名当たり毎月3,000円以上の積み立てを6カ月以上続けているという実績が必要となります。さらに、賞与などは6カ月以上勤務している従業員であれば、すべての従業員に対して支給することが条件となっています。